終活が大事です

終活という言葉をご存知の方も多いでしょう。自分の人生の終焉を自分自身がプロデュースすることが終活です。

昔なら、自分が死んだときの話など縁起が悪い!と怒られたものですが、近年では、自分自身で葬式を含め清算をすることを考えていくことが当たり前となってきました。これは、人の価値観に変化が出てきたこともあるのでしょうが、やはり経済的な面においても残された家族に迷惑はかけたくないという思いも強いのではないでしょうか。また、最近では墓地を購入しても、先々墓守をしてくれる人がいるのかというような不安もあったりして、そういったケースにおいても墓苑が面倒を見てくれるようなところを探したり、そもそも墓地には入らず散骨するようなサービスをチョイスするケースもあるそうです。そういったこともあり、最近では葬祭センターや葬儀社などが終活セミナーなどを積極的に開催しており、参加する人もだいぶん多いようです。関心度の高さがうかがえますね。

葬式費用がない