日焼け防止に凝り過ぎずに夏を楽しみたい

日焼けしたくないって一番思っていたのは、メディアにふりまわされやすい10代〜20代前半のころ。
将来シミになると聞くと、登下校も日焼け止めを塗って・・・と対策は周到でした。
でも大人になったら、シミやソバカスが出てきたけど逆に気にしなくなりました。

開き直ったとも言えますが(笑)周囲の主婦の人で、深い帽子にサングラス、二の腕まである手袋に日傘、長袖の黒いカーディガンとがっつりな防衛をしている人たちを見て、なんか窮屈そうと思ったことが大きいです。
帽子とサングラスは、目を紫外線から守るために使いますが、また日傘はファッションの一部として使うことがありますが・・・
それ以上は、近年の異常な酷暑の中でちょっと無理だな、快適でないなと。
日焼け止めも、毛穴が詰まるし保存料でアレルギーっぽく荒れるので、真夏以外はあんまり塗りたくはないですし・・・。
ブームとかメディアの情報に振り回されず、快適に季節を楽しめるように工夫したいなと思います。
後、コロリー大宮東口駅前店が気になってます。