全日制に隠れてひっそりと存在した定時制高校

広島県東部に存在する定時制高校に自分の親が通っていました。

田舎だったので、車通学が認められているという自由っぷりでした。普通科もある高校にひっそりとひとクラス単位で存在していたようです。
テストの用紙など見せてもらいましたが、明らかに普通科よりも簡単な内容でした。性別、年齢、経歴もバラバラの人間が集まる高校だったので、そこまで難しいテストにはできなかったとか。単位もゆるく、親もストレート(つまり4年)で卒業できました。
通った本人曰く、「全く勉強は身についていない」とのことです。勉強は継続しなければ忘れるばかりだと、自分も実感しているので納得のセリフです。
遠足があったり、イベントがあったりと、高校生らしいこともしていました。当たり前ですが定時制もやっぱり学校なんだな、と思いました。親は子育てが終わってからその高校に通ったため、年齢的な問題で生徒というよりも先生と仲が良かったようです。先生とメールアドレスの交換とかしていたのを思い出します。なんにしろ、子育てが終わってから学校に通った親は、本当にすごいと思います。自分もその年齢に近づいております。何かしら、勉強はしたいと考えています。考えているだけでなく、実行に移せたらいいのですが。

公立・県立の通信制の高校の評判や進学率は?