通信制高校に通っていた話

私は高校3年生の時に、東京都新宿区にある都立新宿山吹高校に通っていました。

神楽坂駅の近くにある高校です。
高校2年生までは全日制の高校に通っていたのですが、当時素行が悪く停学になったり単位を落としたりしていました。そのまま通い続けることが困難になり、新しい環境でやり直そうと通信制高校への転入を決意しました。
転入するには筆記テストがあり、それに合格して入学が決まりました。
通信制高校では高校卒業のために必要な単位がとれるよう、自分で科目を選択して自分でスケジュールを立てて勉強します。大学生が履修科目を決めるような感覚です。ただし、通信制高校の場合は自宅学習がメインです。学校に通うペースは週に1度でした。
また、学期末にはテストがありました。
私はマイペースなので、自分のペースで勉強を進められるのは合っていました。しかし勉強が面倒くさくて誘惑に負けそうになることもあったので、自分との戦いだと感じました。
週に1度学校に通う時も、生徒は皆個性的でしたしお互いを尊重してつかず離れずの距離感で過ごせたので、非常に気楽でした。
真面目に通い続けたところ1年で卒業することができ、大学も現役合格することができました。
もし全日制高校に通い続けることが困難になっても、通信制高校に通えば自分のペースで高校を卒業できるのでおすすめです。
通信制高校の倍率は低い?落ちる人はいるの?