しみやしわとホルモンの関係

しみやしわが肌ではっきりしてくる要因に、女性ホルモンの働きが関わっていることがあります。女性の精神や身体は、女性ホルモンの影響を無意識のうちに受けています。女性ホルモンは、大別するとプロゲステロンと、エストロゲンがあります。お肌の状態に深く関わっているのは、このうちエステロゲンというホルモンです。にきびが悪化したり、肌がカサカサになる原因には、女性ホルモンのバランスが崩れた時などがあります。女性ホルモンが乱れることで、肝斑という種類のしみができることがあります。左右対称にできるという特徴があり、妊娠や月経不順でホルモンバランスが乱れるとできやすくなります。低体温期と、高体温期の違いが少ない人は、体内での女性ホルモンの働きが十分でない可能性があると言われています。肝斑など、ホルモンが原因でできたしみは、ホルモンの活動が再び活発になれば、しみも目ただなくなります。ホルモンの調子を損ねているためにお肌が弱っている人は、紫外線による影響も大きく受けていますので、そちらの点も注意です。ホルモンの状態を整えたい時は、大豆加工品を意識して摂取しましょう。大豆から摂取できる大豆イソフラボンは、エストロゲンに近い特性があり、美肌効果が期待できるといいます。しみやしわを減らすために、ホルモンバランスにも気を配りましょう。フラワーギフト 配送