ダイエットのリバウンド

どんなに頑張ってダイエットをしても、リバウンドで元どおりという人は案外とたくさんいます。ダイエットを頑張って一時は体重を減らすことができているのに、どうして元どおりかそれ以上の体重にリバウンドしてしまうのでしょう。

ダイエットをしすぎるとリバウンドが起きるというのは、ホメオスタシスという働きが深く関わっています。人間の体は環境変化にかかわらず一定の状態を維持しようという機能がおり、これがホメオスタシスです。もしも、食料供給が途絶えた場所で暮らすことになって、少量の果物と水だけで数日過ごさなければならなくなった場合というものを考えます。食事の補給ができる機会を最大限に使うため、消費カロリーをできるだけ減らします。そうなると、運動量を増やしてもエネルギー消費量が多くならないようになり、体重が減らないようにします。急場の事態が発生したと体が判断した時に、生命維持のため働く機能のことといえます。カロリー補給量を減らすことで、ダイエットをしようとする人がいます。食事の補給量が滞る、あるいはカロリーの少ない食事しかできないというシチュエーションが、ホメオスタシスを発生させます。リバウンドは、人か生きていくために身につけた能力といえます。どんな条件で人の体はホメオスタシスが起きるのかを把握してから、リバウンドを引き起こさないようなダイエットをすることが、体重を減らすためには大事です。
プロステビア 効果