新たにWiMAXのサービスを導入した事で

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信に対応しています。また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。

 

新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく一変しました。

一番変化が大きかった事は、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。(【ブックマーク必須】Broad WiMAXの魅力と、上手な利用法から)

Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。
そう言う流れで、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。

WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。無線を使うと言う事で、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。
その上、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性に長けています。
そんな部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが抜群です。

 

である為、WiMAXプロバイダの中にはタブレットのプレゼントキャンペーンを行っているところもあります。

WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。

新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、WiMAXの技術力は次々と上がっています。WiMAXの通信回線もそうで、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が新機能として追加されました。
加えて、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。

WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。
中でも便利なのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多数のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。
この技術により、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。
そして、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。

私が思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。

その上、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。

WiMAXサービスを展開するプロバイダは、何社か存在します。

選択するプロバイダでキャンペーン内容は異なるので、そう言った部分で、ご注意下さい。
例を出すと、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。この様に、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。
WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

 

そんな理由から、auに連携したサービスがいくつか存在します。
その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineになります。
WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auの料金が安くなるサービスです。
WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限が二つあります。先ずは、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものが存在します。
ふたつめが、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものが存在します。ギガ放題プランで契約することで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

でも、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

 

月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

しかしながら、auスマートバリューmineには非対応ですから、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。
しかも、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。モバイルインターネットサービスは色々ありますが、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。
けれども、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、その点には注意しましょう。

 

ただ、速度制限に掛かってしまった場合であっても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。

WiMAX機器は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。例えば、通信速度の向上が際立って、今の時点で、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。
ところが、近頃は通信速度よりも、通信量の表示機能に対して注力されているようです。新しいWiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。その訳は、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが厳しくなったからです。
そういう理由から、メーカーやユーザーとしては、ここを意識しているのです。

 

WiMAXを入手すると、WiMAX本体しか使わないので、屋内がさっぱりします。光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、月額料金に追加課金されます。そして、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。
UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約を行なう事で、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

 

なおかつ、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、おのずと、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。
500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きは毎月の事ですから、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。

確かにWiMAXには速度制限がありますが、さほど厳しいものではありません。
ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。帯域制限時であっても、動画を観る事が出来る通信速度はキープされます。nifty WiMAXでWiMAXサービスの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。
対象のWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末が手元になくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるサービスになってます。
WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマホよりもミニサイズです。

従って、お荷物になりません。
ポケットに入り切るサイズですし、重さや厚みは大した事無くて、お財布と一緒に入れる事もできます。ワイマックス機器は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。

従って、ワイマックスルーターをカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。

 

WiMAX通信専用のデータ通信機器は、年々新しいものが発売されます。

 

それぞれにより性能が異なり、出来る事も違います。そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。

WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。
そんな長期契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約を行いたい所です。

うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。
電話対応が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、ちゃんと考慮してから契約を行いたいものです。

家電量販店で、店員から光回線の勧誘を受けました。
WiMAXユーザーの私ですから、お分かりの通り、光回線を検討する事はありません。

と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、びっくりする回答をされました。
WiMAXなんて、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?しかしながら、私の今までのWiMAX経験からすれば、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。

 

強風の中であっても、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。
モバイルのインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。
例えばですが、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。速度制限が無いサービスではありますけれども、通信速度はわずか3Mbps程度です。
ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXよりも低速です。従って、速度制限が無いものの、WiMAXと比べるならば、常時速度制限が掛かっている状態とも言えます。
前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、結構言われている事があります。
例として、建物内では通信速度が落ちるだとか、そう言う悪い口コミもあります。ですが、WiMAXの高性能化に伴って環境も変化しています。
そう言う事ですので、口コミの内容が現在は改善されていると言う事も多々あります。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、出来るだけ新しいクチコミを確認するようにしましょう。WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくつかある様に感じます。まず思い浮かぶのが、モバイル通信と言う事で、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。

 

続いて思い浮かぶのが、無線のネット回線なので、ネット回線工事が必要ありません。なお、無線を使ったサービスと言う事で、インターネットサービスを安く導入できます。また、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXの評判に繋がっています。
今のネット業界の動向を見ていると、モバイルインターネットサービスの存在も無視できなくなって来ました。契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、利便性が格段に上がります。モバイルと言えば、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?ではありますが、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。と言う事ですので、決してモバイルだからと、使えないと言う事は無いです。
WiMAXサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他モバイルインターネットサービスだと、帯域制限が怖くて映画など見てられません。

 

出来る事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?けれども、WiMAXなら普通に映画が視聴出来ますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスの月額料金ですけど、なんと、契約先によって金額が違います。具体例を出すと、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。こう言う風に、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを分かった上で申し込み先を検討しましょう。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダがあります。
このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。

本来は月々500円掛かる有料サービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。

WiMAX端末は普通の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。それなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。
ってことで、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。