混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX端末です。

こんなに速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。

この3波を使用したキャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。
とは言っても、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがあるので、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。

WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二種類存在します。一つ目が、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限って呼ばれているものがあります。(必見!UQ WiMAXへの乗り換えをお勧めする6つの理由とは?を前提に)

 

二つめは、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランで契約する事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。
ですが、混雑回避の為の速度制限に関しては適用になります。
UQ WiMAXに申し込むと、この利便性の良さに驚かされます。
私が契約後に思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、帯域制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも帯域制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。

WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いエリアで繋がります。更に、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、隅々にまで電波が届きます。その一方、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。WiMAX通信専用のデータ通信機器は、年々新しいものが開発されます。
それぞれによって性能が異なり、スペックも異なります。その中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売でしょう。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る部分が特徴のWiMAX機器です。

その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて利用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
その上、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵してませんので、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。
大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、速度制限を気にする必要があります。

 

他のモバイルサービスと比較すると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。とは言えども、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。しかし、速度制限対象となってしまった際にも、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。

WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を取られてしまいます。

そんな長い契約期間になっていますから、きちんとしたところと契約をしたい所です。

意外と見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの応対です。カスタマーサービスの受付日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダもありますから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。この所、WiMAXサービスの契約先の中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例を出すと、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を用意しています。その他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用してます。
どの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすれば、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貰えます。
貰えたGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が可能です。
BBウォレットの口座に現金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用されます。
そして、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。

URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち運び性が良くて利便性が高いです。

 

URoad-StickをUSBポートに挿し込むことで、給電しながら扱う事が出来ます。
難しい設定も不要で使用出来ますから、そう言う簡便性が人気のWiMAX端末となっています。
使用出来る通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。
UQ WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか使わないから、部屋の中がすっきりします。

 

光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは月々レンタル料金が必要で、月額使用料金に上乗せされます。

一応、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。

 

WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。
従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が基本です。なぜかと言えば、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。合わせて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になるので、結局のところ、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

 

500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きは月単位の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。WiMAXの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの対応時間も最長です。

 

だけども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店に申し込みを行なうと言う手段もあります。代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中で、少し他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDIのWiMAXサービスを提供しています。なんで、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く異なります。具体例を出せば、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。

PEPABO WiMAXには、普段3種類のプランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。他に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。

時々、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。この技術により、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。加えて、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。そんな訳で、auと連携したサービスがいくつかあります。

 

その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineなんです。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auの料金が安くなるサービスです。
電機屋にて、光回線の勧誘をされました。
私にはWiMAXがありますから、必然的に、光回線は必要ありません。
WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、びっくりする回答をされました。

WiMAXなんか、強風の日とか使えなくなるでしょう?ただ、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。WiMAXサービスと契約を行う際、色々なキャンペーン特典が付いています。
中でも嬉しいのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、複数あります。
契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、この部分、お気を付け下さい。
例を挙げると、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。

 

こんな感じなので、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。

プロバイダによって多少の違いはありますが、大まかには2種類の料金プランがあります。その料金プランが何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランの2種類です。

ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。
対して、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。月間通信量がどれだけの量に達するかを把握しながら、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

 

なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。
他にも、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXというプロバイダが存在します。

 

Broad WiMAXの強みとしては、月額料金が安い部分が挙げられます。
それだけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。

WiMAXの機器は、日々進化を遂げています。

 

何よりも、通信速度の向上は目を見張るものがあり、現時点で、220Mbpsもの通信速度が最大で出せます。

ただし、この頃は通信速度より、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。
新しいWiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。なぜならば、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、これが適用されやすくなって、利便性がガクンと落ちたのです。
そういう理由から、メーカーもしくはユーザー的には、ここに神経を尖らせているのです。

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していない為、使用用途は屋内使用のみに限定されています。
そんな面はありますけど、可動式の高感度アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の高さが特徴の一つとなっています。なおかつ、一度に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器をLANケーブルで有線通信する事が出来ます。

更に、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますから、速度制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをするメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点がメリットの一つとして挙げられます。

その理由としては、So-netが提供しているインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で人気なのです。

 

付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用可能で、最大5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々な危険に対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典です。
WiMAXサービスを利用して感じる利点は、いくつかある様に感じます。最初に、モバイルのネット通信ですから、どこにいてもインターネットにアクセスする事が出来ると言う点です。

次いで、無線を使ったサービスなので、インターネット開通工事が不必要と言う点が挙げられます。

その他にも、モバイル回線って事で、低負担のインターネットサービスと言えます。また、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAXを選択する理由と言えます。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

重ねて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつの通信にも対応しています。